長谷山の独り言

子どものお客様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から比べると、小さいお子さんの調髪をする事は大分少なくなりましたが、

本日は、0歳から来て頂いてる兄弟の調髪の日でした。今では、お兄ちゃんは小学校2年生。弟さんは幼稚園の

年長組です。会うごとに成長していく姿を見るのは、楽しいことです。

0歳の赤ちゃん筆も時々頼まれるため、子どもの接し方は慣れているのですが、技術に関しては

熟練度が、必要だと思っています。見習い時代、子供のカットは僕らの役目でした。

なかなかじっとして居られない子ども達の髪を切る作業は、大変でしたがお陰様でかなり鍛えられました。

子供たちは、大人をチャンと見極める力があります。愛情を持って接してあげるとキチンと返してくれます。

子供たちの笑い声は、お店を明るくしてくれます。元気にまたお店にきてくれる事を楽しみにしています。

今日は、ありがとう、またねー!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

The following two tabs change content below.
長谷山 恵三

長谷山 恵三

店主癒し髪処べーしっく
髪と一緒に身体と心に溜まった余計なものをスッキリサッパリ、カットする!を基本(ベーシック)な理念に掲げ、四半世紀一人一人のお客様と向き合う理容一筋の店主。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*